フランチャイズ加盟と個人事業主と経営戦略の関係

フランチャイズチェーンに加盟するということは会社員ではなく個人事業主になるということです。
このことはつまり自分の独立していることであり、独立しているということは「ひとつのこと」を除いて、お店の運営についてすべて自分に責任があるということです。


反対にいいますと、責任を負う義務があることになります。

「ひとつのこと」とは経営戦略です。

実は、フランチャイズチェーンの要はこの点にあります。

チェーンですのでひとつの核があり、それに従って全体が動いていくことが最も重要です。そして、その核は間違いなく売上げの重要な要因となります。



このように説明しますと、お店の運営について個人事業主の加盟店にはなんの決定権もなく違和感を覚える人がいますが、それは違います。「違う」というよりも、それがチェーンというシステムなのです。
それが嫌であるならフランチャイズチェーンに加盟するのではなく、一般の個人事業主になるべきです。

個人で開業してみて初めてチェーンなり本部のありがたさがわかる、という部分はあります。


どれだけサポートしてもらっているかを実感できます。一番に感じるのは仕入れ力です。

チェーンに加盟していないなら絶対に満足いく仕入れなどできません。
仕入れ値もそうですし、それよりも仕入れができる種類や量に格段の差があります。



従業員の確保についても同様です。

チェーンに加盟しているからこそ募集に対して応募があります。
個人のお店が募集を出すのとでは効果が全く違います。



このようなことを念頭に入れてチェーン加盟は検討するのが正しい考え方です。



多くの情報の中から本当に役に立つ池袋 クーポン関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

最先端の粗大ゴミ回収 東京に関する疑問にお答えします。